利 用 規 約

 

1 定義

1. この規約は、株式会社 旅行透析(以下、「当社」といいます)が提供する『透析病院紹介サービス』(以下、「当サービス」)といいます)に関する基本的事項について定めたものです。この規約に定めのない事項については、法令又は一般に確立された慣習によります。

2. 当サービスとは、利用者の委託により次に掲げることを引き受けるものです。

(1)海外・日本国内の透析病院への透析仮予約

(2)旅行透析に関する必要事項のご案内

 

2条 利用条件

1. 本規約を熟読の上、全項目へ同意すること。

2. 旅行透析と関係のない私的な個人利用や、無断で営利目的や商業利用をしないこと。

3. 当社は、任意に本規約を変更することができます。この場合においては、利用者は変更後の規約の適用を受けるものとします。

 

3 サービスの開始

1. 当社に当サービスの申込みをする利用者は、当社所定の申込書に所定事項を記入します。また電話やその他の通信手段により当サービスを受け付けることがあります。その際にも所定事項を伝えて頂き、当社が別に定める金額のサポート料金をお支払した時点から当サービスは開始されます。

2. 当社は業務上の都合があるとき、利用者の状況が適さないと判断したときに当サービスの開始に応じないことがあります。

 

4 利用者の義務

1. 利用者は、申し込み後3日以内にサポート料金を支払わなければなりません。

2. 利用者は、手続きに必要な書類、資料その他の物(以下「サポート手続書類等」といいます)を当社に提供しなければなりません。

3. 当社が当サービスを行うに当たって、追加の通訳委託料、翻訳委託料、郵送費、交通費その他の費用が生じた場合は、利用者は、指定した期日までに当社に対して当該費用を支払わなければなりません。

4. 利用者の都合(体調、他の理由)により旅行透析が取りやめになった場合は、利用者の責任で旅行透析施設へ連絡しなければなりません。

 

5 サービスの解除

1. 利用者は当社に対し、いつでも当サービスの全部又は、一部を解除することができます。

2. 当社は、次に掲げる場合において、当サービスを解除することがあります。

(1)利用者がサポート手続書類等を提出しないとき

(2)当社が、利用者から提出されたサポート手続書類等に不備があると認めたとき

(3)利用者が、サポート料金、前4条第3項の費用を所定の期日までに支払わないとき

 

6 返金について

1. 利用者が、すでに支払ったサポート料金等は返金できません。

 (1)利用者の都合(体調、他の理由)により旅行透析が取りやめになった場合は返金できません。その際、旅行透析施設から、すでに開封し設置された医療器具等の請求があった場合は、利用者へ追加請求が発生することがございます

 (2)地震・台風などの災害、交通機関ストップ、旅行先透析施設の機能停止など不慮の事故においては返金できませんが、できる限りご希望透析条件に近似する代替旅行透析施設をサポートします

2. 利用者の常識的な透析条件、またはその条件に近似する当社が提案する施設などにも、該当する施設(透析時間帯、長時間、オーバーナイト、日曜日透析、個室、オンライン、高血流etc.)が見つからない場合は返金します。

 

7 当社の責任

1. 当社は当サービスの提供に当って、当社が故意又は、過失により利用者に損害を与えた場合は、その損害を賠償する責に任じます。但し、損害発生の翌日から起算して三ヶ月以内に当社に対して通知があったときに限ります。

2. 当社は、当サービス開始により、実際に利用者が旅行透析施設で予約確定日に治療が受けられること、及び、旅行透析施設での治療方法や内容、治療の結果については保証するものではありません。したがって、当社の責に帰すべき事由によらず、旅行透析施設の都合(例えば、救急患者を受入れた結果など)により当日指定時間に治療が受けられず、治療時間や治療日が変更になること、及び、治療方法や内容、治療の結果により何らかの損害を受けたとしても何ら責任を負うものではありません。

3. 当社は当サービスを行うに当たって知り得た情報を当サービスにかかわる以外の目的でほかに漏らすことはございません。

 

8 利用者の責任

1. 利用者の故意または過失により当社が損害を被ったときは、当該利用者は、損害を賠償しなければなりません。

2. 利用者は、当サービスの内容について理解するよう努めなければなりません。

 

9 利用停止

1. 当社は、利用者が次の各号のいずれかに該当する場合は、なんらの通知、催告を要せずして当社が定める期間、当該利用者に対する当サービスの利用を停止またはその利用を中止することができます。

(1)本規約または利用規約等に違反をしたとき

(2)当サービスに関する業務の遂行に著しい支障を与える、もしくは与えるおそれがある行為を行ったとき

 

10 利用者への通知

1. 当社は、利用者に対し、電子メール配信等その他当社が適当と判断する方法により、随時必要な事項を通知します。利用者に情報を発信した時点より効力を発するものとします。

 

11 専属的合意管轄裁判所

1. 利用者および当社は、本規約および利用規約等に関して訴訟の必要が生じた場合、該当地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意するものとします。

 

12 準拠法

1. 本規約および利用規約等に関する準拠法は、日本法とします。

以上