2016年3月2日(水) 朝日新聞「患者を生きる」に再掲載されました!

朝日新聞朝刊・全国版「患者を生きる」コーナー3000回記念に私と会社のことを再掲載。

今回の記事は、昨年10月に2社目に起業した腎友メディカルについてです。

那覇事務所も出てますよ。

取材の状況はこちらでご覧下さい。

2016年1月25日〜29日(月〜金) 野嵩がRBC琉球放送に登場しました!

沖縄那覇事務所の野嵩がRBC琉球放送の「気ままにロハススタイル」で食育をテーマに登場しました。

自身の腎臓病がきっかけで、水分や塩分を摂りすぎないように食事制限を余儀なくしたと言い、その経験の中から、日々繰り返される食事の大切さを体験し、管理栄養士の道を選んだと言います。


以来、食事は「ただ単にお腹を満たすだけでなく体をつくる材料となる」ことを実感。

患者さんが生きがいのある人生を過ごせるように管理栄養士として食生活のお手伝いをしたい、楽しくおいしい無理をせずに続けられる食事療法を紹介したいと、ご自身の名前、正恒(まさつね)のツネをとって「ツネによりそう栄養士」という目標を立て、患者さん一人一人にあった栄養指導を行っています。

 

 

20160125.jpg

ツネによりそう栄養士

2016年1月22日(金) 朝日新聞から再取材を受けました!

朝日新聞「患者を生きる」シリーズ3000回記念特集。

朝日新聞社医療担当記者さんから、昨年2月10日〜14日・4回シリーズで取材された記事の患者再探訪編に選ばれての再取材です。

株式会社旅行透析に続き、2社目の株式会社腎友メディカルの取材が中心です。

3月に記事になるそうで。

取材の状況はこちらでご覧下さい。

2015年10月1日(木) 腎友メディカルを設立創業!

株式会社腎友メディカルを設立創業!

腎臓病・透析に関わる医療機器や食品の販売会社「株式会社腎友メディカル」を設立創業いたしました。

10月2日、事務所に会社看板設置しました。

那覇市寄宮NTTビル別館1階が本社事務所、宮古島市平良東仲宗根前泊ビル1階は宮古島事務所です。

その状況はこちらでご覧下さい。

2015年9月23日(水) 機械フィラピーを体験!

シャントの炎症を抑える機械フィラピーを体験by台湾。

台湾では、機械フィラピーが9割以上のどの透析病院にもあるそうで、それを体験して来ました。

その模様はこちらでご覧下さい。

2015年9月13日(日)から16日(水) ISHD2015 第9回 国際血液透析学会議

ISHD2015 第9回 国際血液透析学会議inマレーシア・クアラルンプール。

将来を展望した透析医療の取り組みは最重要課題です。

透析医療を根本から見直し、在宅医療を推進しながら、有効な合併症対策を行うことで、透析患者さんの予後を改善して頂きたい。

この会議に参加してきました。

その状況はこちらでご覧下さい。


2015年9月11日(金)から13日(日) 第19回日本アクセス研究会

第19回日本アクセス研究会in広島。

透析医療における血管アクセスは「透析患者のアキレス腱」と称され、透析療法の良し悪しを決定する重要な要素です。

この研究会に参加してきました。

その状況はこちらでご覧下さい。


2015年7月11日(土)から12日(日) 第18回在宅血液透析研究会

第18回在宅血液透析研究会in高山。

在宅血液透析治療の普及・発展をはかり医療の向上を目指している研究会です。

この研究会に参加してきました。

その状況はこちらでご覧下さい。

2015年6月26日(金)から28日(日) 第60回日本透析医学会学術集会・総会

第60回日本透析医学会学術集会・総会in横浜。

国内最大級の医理工と透析医療の連携する総会に参加して来ました

今年も20,000名を超える多くの方が参加したそうです。

2015年4月24日(金) 「超とやまプロジェクトチーム」で講師 

「超とやまプロジェクトチーム」by富山市役所。

医療ツーリズムを富山市で検討勉強している皆さんに旅行透析についてお話ししました

2015年4月22日(水) セラピューティカジャパンを訪問!

セラピューティカジャパンの事務所を訪問。

ANAの機内誌やカタログハウスなどで枕や背あてを通販されているカナダ本社の会社です。

透析患者さんが長時間ベッドに横たわっているので何か良い連携ができそう。

シャントの腕用の腕枕の相談もしました。

詳しくはこちら

2015年4月16日(木) 株式会社旅行透析の那覇支社事務所開設?

当社、株式会社旅行透析の那覇支社事務所の契約書捺印と鍵の引き渡し日です。

社員には順次、出社してもらいますが、対外的な事務所開きは5月1日に延期しました。

何はともあれ、メデタイ、愛でたい!!

怒涛の開設準備はこちら

2015年2月10日〜13日 患者を生きる!

朝日新聞に、池間社長がどういう経緯で株式会社旅行透析の設立に至ったか、その苦労などが全4回で掲載されました。

第一回:透析の強い制約から治療を拒否。医者から「このまま透析を受けないと、死んでしまいます」

第二回:出張先での病院探しは命綱。日程や時間帯など自分の条件に合う病院探しはないのだ。

第三回:病院の情報を集めて起業を決意!

第四回:透析患者など、「仲間」も雇用。遠く離れた兵庫や福岡なども雇用している。

……………………………………………………………………………………………………………………………………

20150210111.jpg 20150211222.jpg 20150212333.jpg

          第一回。

          第二回。

          第三回。



20150213444.jpg
 
 

          最終回。

 

 

 

 


2015年2月26日(木) 低カリウムレタスを商品化!

記者会見が、沖縄タイムス、琉球新報に掲載されました。

 

名護市にある「ひろと屋」は、腎臓病など食事制限のある人でも食べられる「低カリウムレタス」を商品化し、弊社は、台湾などアジアを中心とした海外を含めた展開や、透析患者の沖縄への呼び込みなども検討しています。

池間社長は、「患者が新鮮な野菜を食べられる感動は大きく、とても画期的」と語っています。

その模様は、こちらで。

2015年1月10日(土) 日本と台湾で旅行透析情報について調印!

社団法人台湾腎友生活促進協会と日本・台湾の旅行透析情報の相互協力に調印!

その時の模様はこちら


2015年1月10日(土)〜11日(日) 台湾で講演会を開催!

台湾で、『日本への旅行透析について』と題した講演会を開催。

台北市、台中市、高雄市の透析患者さん、透析医師、医療スタッフに講演してきました。

透析患者は日本から台湾、台湾から日本へと旅行透析情報が得やすくなり格段に行き来しやすくなると思います。

その模様は、台北市台中市高雄市で。

2014年11月16日 第10回長時間透析研究会

第10回長時間透析研究会in札幌。

研究会に参加して来ました。

「まずは30分でもいいので透析時間を延長してもるのはいかがでしょうか。」

身にしみた言葉です。

2014年10月9日(木) 透析患者の生活支援向上を支援!

沖縄タイムスに掲載されました。

旅行先で透析ができる病院情報や、検査データ、薬データなど医療関連情報、透析中に作業できる仕事を提供する業者、専門病院と連携をし、透析患者の生活向上の支援を行うという記事が掲載されました。

同事業は、県の中小企業課題解決・地域連携プロジェクト推進事業で展開しています。

2014年7月24日(木) 台湾・桃園市で講演を開催!

「日本での旅行透析」について講演in台湾。

台湾・桃園市で講演を開催。


2014年6月13日〜15日 第59回日本透析医学会学術集会・総会

第59回日本透析医学会 学術集会・総会in神戸。

国内最大級の医理工と透析医療の連携する総会に参加して来ました

2014年5月14日〜17日 第14回アジア太平洋腎臓学会議

第14回アジア太平洋腎臓学会議in東京。

腎臓病を克服するために、多くの方々と協力をして取り組んでいきたいと思います。

その学会に参加して来ました。

2014年4月19日〜20日 第17回在宅血液透析研究会

第17回在宅血液透析研究会in静岡。

在宅血液透析治療の普及・発展をはかり医療の向上を目指している研究会です。

この研究会に参加してきました。

2014年3月1日 第24回腎と妊娠研究会

第24回腎と妊娠研究会in川越。

「慢性腎臓病における妊娠・出産はどこまで可能か?」という演目の研究会に出席して来ました。

2014年2月16日 第4回透析運動療法研究会

第4回透析運動療法研究会in新宿。

血液透析治療中にペダル漕ぎ運動を取り入れた患者が、声に張りが出て笑顔が増えるケースを経験など、運動療法の優位性を感じています。

 

2013年11月10日 第9回長時間透析研究会

第9回長時間透析研究会in長崎。

「日本の透析を今一度洗濯いたし申し候」と坂本龍馬の言葉を借用しているところに、並々ならぬ意気込みを感じました。

2013年10月26日〜27日 第19回日本HDF研究会 学術集会・総会

第19回日本HDF研究会 学術集会・総会in東京都千代田区。

「HDF(血液濾過透析)、標準治療としての有用性・安全性」がテーマとして話されました。

2013年9月28日〜29日 第19回日本腹膜透析医学会 学術集会・総会 

第19回日本腹膜透析医学会 学術集会・総会in大阪。

「腎代替療法におけるPD(腹膜透析)の役割 ―日本の黄金比率を目指して―」がテーマでした。

2013年6月21日〜23日 第58回日本透析医学会 学術集会・総会

第58回日本透析医学会 学術集会・総会in福岡。

患者さんを、「真心を尽くした医療(全人力)!」、「透析を科学する力(科学力)!」「総力を結集した透析療法(透析力)!」で考えていきたいと思います。

2013年4月27日〜28日 第16回在宅血液透析研究会

第16回在宅血液透析研究会in神戸。

「世界に学ぼう、在宅血液透析」をテーマに話されました。

▲このページのトップに戻る