透析運動療法について

透析患者は運動不足になりがちで、筋力の低下も著しい傾向があります。

特に透析日に著しく低下することが報告されています。

透析による時間的制約や治療後の疲労感などがその理由と考えられます。

透析患者さんは、いろいろな合併症を抱えている人も多く、運動を取り入れてよいか、事前に主治医と相談して決定しなければなりません。

また運動の種類と強さによっても可能かどうかは変わってきます。

最近では透析中のエクササイズが注目されています。簡単な装備によって透析中に両者を施行することは困難ではないし、医療従事者による監視下に行われるために、厳密な運動強度設定の実行も可能です。

これらを解消するための「透析中の運動療法」を実施している施設をいくつかご紹介いたします。

透析運動療法実施施設リスト』 ※現在も引き続きリストは調査中です

 

 t-47-yonaha-2.jpgt-47-n-yonaha-7.jpg

 

hedda1.bmp
▲このページのトップに戻る