在宅血液透析とは?

 

在宅血液透析とは?

a4.jpg 

在宅血液透析とは、文字通り自宅で血液透析を行う治療方法です。

患者様ご自身のライフスタイルに合わせた透析治療を求めた方法で、お仕事から帰られた後、家族団欒の後、少しだけ飲みすぎた、食べ過ぎた後・・・・・・。ご都合のいい時間帯にご自分で透析ができます。

自分に合った透析治療と自己管理を知ることによって、より良い透析 ライフを得ることができます

 

 

  

在宅血液透析のメリット

 

@自分の時間が増え、生活スタイルが変わる

家族との時間、仕事時間、自分の時間が大幅に増える。

A透析不足による合併症、内服薬が減る

血圧、リン、貧血、体調の改善が多く報告されており、生命予後に大きくつながります。

B食事・飲水制限がほとんどなくなる。

体調が格段に良くなることが多いそうです。

B通院のための時間が大幅に減る

C感染のリスクが減る

D災害時に有利かもしれない

自宅と施設の両方で透析場所の確保ができる。

 

 

在宅血液透析のデメリット

 

@家庭での事故の可能性はありえます。

医療者、機械屋、配送、ネットなどのバックアップ体制で準備。

A自己管理・自己決定・自己責任を望まない方には向きません。

医療側としては、患者一人ひとりに対応できる時間に限りがあります。自己管理は自分ですることで、自己意識も変わってくるかと思います。

B自己穿刺が出来る方であること

C金銭負担がかかります

月1〜2万程度

D機械の設置、物品の保管に場所が必要

E介助者の協力・理解が絶対に必要


さらに詳しく!

在宅血液透析を行っている施設の一覧です。

在宅血液透析実施施設リスト

さらに調査を重ね、在宅血液透析実施施設が判明次第追加していきます。

 

下記のサイトは在宅透析に関するサイトです。

 

top.jpg  

 

 

 
▲このページのトップに戻る